ページの先頭

桃山学院中高同窓会

桃タン NEWS

    ももタンNo.6橋本直樹氏

    同窓生の著書を紹介させて頂きます。『六人いた!写楽』です。一読致しましたが、

    すらすら読めて夢中になっているうちに、従来の写楽観を覆されました。お薦めですよ。

    著者からのメッセージも頂いています。

    私の著書「六人いた!写楽」が昨年の1月に出版されて以来、ネットでも大きな反響がありましたが、そのほとんどは、要するに、従来の写楽論とはあまりにもかけ離れたその内容が荒唐無稽だというものでした。最近になってようやく好意的なものが見られるようになりましたが、その内容はというと、これは他の写楽本よりも読みやすい、初心者向けの本だ、といったもので、そうした評価は確かにありがたいものの、実はこの本、構想から約10年、執筆に約4年を費やし、それまでのほとんどあらゆる写楽論や、写楽についての文献、書画を徹底的に検討し、分析して書いた力作なので、正直言ってそうした評価は適切ではありません。ただ確かに読みやすい本ではありますし、写楽についてよく知らないという方でも、この本の結論であります第三章だけでも読んで頂ければ、
    それがほとんどそのまま、写楽をめぐるすべての謎の答えになっているはずですので、諸先輩方や同期、そして後輩の方々も是非一読して頂きますよう、どうかよろしくお願い致します。

Copyright © 2019 Momoyama Gakuin Reunion. All Rights Reserved.